太田・北茨城交流物産館がオープン 新鮮な魚介を求め大行列
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 物産交流施設「おおた・北茨城交流物産館バスターミナル駅」が24日、群馬県太田市飯塚町の「BUSターミナルおおた」敷地内でオープンした。

 新鮮な食材を求め、オープン前から行列ができ、多くの人でにぎわった=写真。太平洋で水揚げされた新鮮なマアジやスズキをはじめとする約30種の海産物や、県産の豚肉や野菜が販売された。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事