SUBARU群馬製作所 これまでに従業員17人が感染 操業へ影響なし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 SUBARU(スバル、東京都渋谷区、中村知美社長)は25日までに、群馬製作所(太田市、大泉町)に勤務する累計17人の従業員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者が働いていた職場ごとに消毒を済ませ、現在まで操業への影響は出ていない。

 8月7日に同製作所矢島工場(同市)の従業員の感染を把握してからは、検査結果を確認するたびに感染者の発生状況を同社ホームページで公表してきた。これまでに同工場で5人、大泉工場(同町)で12人の感染を確認している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事