上武ゴルフ場廃止へ 台風被害復旧に数億円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 昨年10月の台風19号による冠水被害を受けて営業停止中の群馬県営上武ゴルフ場(太田市)について、県企業局は25日、廃止に向けて関係機関と調整していることを明らかにした。同日の県議会一般質問で中島啓介企業管理者が狩野浩志氏(自民)の質問に答えた。

 台風でコースに泥がかぶり、復旧には数億円の費用がかかるという。今後、再び被害が及ぶことも予想されることから、廃止に向けた調整を国土交通省や太田市、伊勢崎市と進める。約40万平方メートルの敷地の跡地利用なども検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事