元国連事務次長の明石康氏がオンラインで講義 玉村で「明石塾」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
質問にオンラインで回答する明石さん

 グローバルに活躍する人材の育成を目的とした教育プログラム「明石塾」の特別講義が26日、群馬県玉村町の県立女子大で開かれた。8月に入塾した県内高校生と昨年度の塾生計約30人が国際舞台での仕事や海外情勢について学び、理解を深めた。

 元国連事務次長で、名誉塾長の明石康さんがオンラインで塾生からの質問に答えた。「自分とは違う意見を持つ人とうまく付き合うには」という問い掛けに対し、明石さんは「相手の言葉に耳を傾け、尊重すること」と助言した。

 塾は来年2月まで月2~3回ほど開かれる。塾生は、英語、国際情勢、日本文化、群馬県の歴史などを学ぶ予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事