上信越道で3台絡む事故 4人が重軽傷 未明に一部通行止め
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事故で大破した車両=26日午前3時20分ごろ、高崎市吉井町多比良の上信越道下り線(画像を一部加工しています)

 26日午前0時50分ごろ、群馬県高崎市吉井町多比良の上信越道下り線で、車3台が絡む事故があり、4人が重軽傷を負った。事故の影響で上信越道下り線は同日午前1時10分から同3時50分まで藤岡インターチェンジ(IC)―吉井IC間が通行止めになった。

 群馬県警高速隊によると、千葉市の女性(60)の乗用車がハンドル操作の誤りで横転、停止していたところに後続の千葉県松戸市の建設業男性(23)の乗用車が衝突した。大型トラック1台も接触した。

 松戸市の男性が軽いけがを負い、同乗の水戸市千波町、建設業、瀬尾恭広さん(32)が腰の骨を折る重傷。同じく同乗の茨城県東茨城郡の建設業男性(20)、水戸市の建設業男性(31)も軽いけがを負った。千葉市の女性とトラックの運転手にけがはなかった。

 現場は吉井ICまで約2キロの地点。同隊が詳しい事故原因を調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事