1杯1000円超えの「サッポロ一番」 東京・虎ノ門に期間限定店
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京・虎ノ門ヒルズに期間限定でオープンした「サッポロ一番劇場」

 前橋市内に本社工場を持つサンヨー食品(東京都港区、井田純一郎社長)が、主力商品「サッポロ一番」のアレンジメニューを提供する店「サッポロ一番劇場」を東京・虎ノ門ヒルスビジネスタワー3階「虎ノ門横丁」内に期間限定オープンした。1日各15食限定で即席麺の既成概念を打ち破る高級志向の味を楽しめる。10月10日まで。

◎麺とスープは既存品を使用 「可能性 広げたい」
 9月30日まで「宮崎牛テールとトマトのラーメン」(しょうゆ味、1300円)、「モンサンミッシェル産ムール貝の混ぜそば」(みそ味、1000円)、「天然真鯛の松茸ラーメン(冷製)」(塩味、1500円)を提供。しょうゆ、みそ、塩の各味について第2弾(10月1~5日)、第3段(6~10日)を展開する。全料理にサッポロ一番の麺とスープを使用する。

 サッポロ一番のアレンジ料理の著書があるフードジャーナリスト、マッキー牧元さんが企画。牧元さんは「サッポロ一番の可能性を広げたい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事