県警専門チーム 不明者54件保護 事件機に設置
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 神奈川県座間市の9人殺害事件に群馬県邑楽郡の女子高校生=当時(15)=が巻き込まれたことを受け、県警は2017年12月、身体や生命に危険が及ぶ恐れのある未成年者の行方不明事案に対応する部署横断型の専門チーム「人身安全対処ユニット」を設置。今年3月までに54件で出動し、全ての不明者を発見、保護した。

 本年度の機構改革により同ユニットの役割を引き継いだ県警人身安全対策課によると、1~8月の未成年者の行方不明受理件数は104件で、うち96件が発見などにつながった。県外で見つかる例も多い。会員制交流サイト(SNS)で出会った相手の誘いに乗り、わいせつや誘拐などの被害に遭う恐れもあるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事