南スーダン選手団 体育大会出場に参加 中学生と交流
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 東京五輪・パラリンピックに向けて、前橋市で長期事前合宿に励んでいる南スーダン選手団は28日、同市の前橋総合運動公園群馬電工陸上競技場・サッカー場で開かれた前橋荒砥中(涌沢雅子校長)の体育大会に参加、交流した。選手たちはリレーなどに出場し、生徒と一緒にトラックを駆け抜けた=写真

 新型コロナウイルス感染症の影響で行事が中止となる中、子どもたちの記憶に残る体育大会にしたいと同校が企画。選手たちが100メートル走やリレーに出場して走ると、生徒たちは「速い」「すごい」と驚いた様子だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事