絹遺産学習で座繰り体験 榛東北小で7カ月ぶり学校キャラバン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 富岡製糸場世界遺産伝道師協会(近藤功会長)の本年度初の学校キャラバンが30日、群馬県榛東村の榛東北小で開かれ、4年生66人が世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」の価値を学び、座繰りを体験した=写真。キャラバンは新型コロナウイルス感染症の影響もあり、実施は2月下旬以来約7カ月ぶりとなる。

 学校キャラバンは小中学生を対象とした啓発事業で、講師の伝道師が訪問する形式で毎年行っている。

 訪問した伝道師5人は体温測定など体調確認を徹底した上で、児童が密集しないように座繰り機を2台に増やした。児童は世界遺産の構成4資産の果たした役割を学んだほか、座繰りで繭から糸を引く工程にも挑戦した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事