上半期の虐待相談 968件 全ての月で前年超え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 今年上半期(1~6月)に群馬県内の児童相談所(児相)が虐待相談に対応した件数は前年同期比21.9%増の968件だったことが30日、厚生労働省の調査(速報値)で分かった。全国の増加率(10.0%)を上回った。全ての月で前年を上回ったが、新型コロナウイルス感染を防ぐための国の緊急事態宣言と休校が重なった4、5月は伸びが鈍った。児相は子どもが人目に触れる機会が減った影響もあると推測する。

 厚労省によると、月別の対応件数は1月113件、2月155件、3月266件、4月115件、5月150件、6月169件。3月は昨年も突出していた。昨年と比べた伸び率は2、3月と学校再開後の6月は30%台に及んだが、4、5月は10%台にとどまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事