キャンプ場で良い仕事 丸沼高原にワーケーション拠点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワーケーション拠点として環境を整備する丸沼高原のオートキャンプ場

 丸沼高原スキー場を運営する日本製紙総合開発丸沼高原事業部(群馬県片品村東小川)は、旅行先で余暇を楽しみながら働く「ワーケーション」が快適にできるよう環境整備に乗り出す。オートキャンプ場に大型テントを導入。電動自転車のサイクリングコースを設定するなど、オンとオフを切り替えて過ごせるようにする。新型コロナウイルスの感染防止対策が前提となる「ウィズコロナ」時代に合った誘客につなげる。

 テレワークの活用により、リゾート地で仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を同時に実現する「ワーケーション」の環境を整備し、新しい需要を取り込む。環境省の国立公園でのワーケーション推進事業などに採択され、650万円を上限に補助金が交付される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事