技能実習生 給料不満で失踪か 前橋・ホテル経営者殺害の容疑者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市富士見町皆沢のホテルで9月10日朝、経営者の女性=当時(71)=が刺殺され現金が奪われた事件で、強盗殺人容疑などで逮捕されたベトナム国籍で住所不定、無職の男(30)が、以前勤めていた奈良県の技能実習先で「給料が低い」などと不満を募らせ、失踪したとみられることが7日、捜査関係者への取材で分かった。群馬県警前橋署の捜査本部は、その後に群馬県を訪れた経緯や、どのように生計を立てていたかを調べている。

 捜査関係者によると、男は、奈良県の金属加工会社の技能実習生として働いていた当時について、待遇面に不満があったとの趣旨の話をしている。男は6月ごろにベトナム人コミュニティーを頼って群馬県を訪れ、大泉町や前橋市を中心に生活していたとみられる。

 さらに、男が実習生として2年前に来日する際、手続きの費用などで借金をして来日したとみられることが新たに判明。県内の複数のベトナム人の知人から多額の借金をしていたことも分かっており、捜査本部は男が事件前、金銭的に困窮していたとみている。

 男の逮捕容疑は9月10日午前9時40~50分ごろ、ホテル敷地内で女性の背中を刃物で刺して殺害し、ホテルの事務所に侵入し現金約5万5000円を奪った疑い。捜査本部によると、事件について「話したくない」と黙秘している。

 捜査本部は7日、強盗殺人と建造物侵入の疑いで、男を前橋地検に送検した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事