緑の光で移植医療PR 群馬県庁昭和庁舎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 臓器提供の意思表示について考えてもらう「グリーンリボンデー」(16日)を前に、群馬県庁昭和庁舎が移植医療のシンボルカラーとされる緑色にライトアップされている=写真

 臓器移植法は1997年10月16日に施行され、今月は臓器移植普及推進月間。県臓器移植コーディネーターの稲葉伸之さんは「家族で話し合い、移植医療を考える機会の一つにしてほしい」としている。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事