住宅用火災警報器設置や作動の確認を啓発 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高崎市等広域消防局と同市女性防火クラブは9日、JR高崎駅で住宅用火災警報器の設置や作動の確認を呼び掛ける啓発活動を行った。

 消防職員や防火クラブの会員がマスクやウエットティッシュを配って啓発した=写真。植原芳康局長は「火災での逃げ遅れがなくなるように警報器の設置、点検をしてほしい」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事