不審・迷惑電話が「なくなった」87% 特殊詐欺対策装置の利用者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 県警が65歳以上の独居世帯などに貸し出している特殊詐欺電話の対策装置を使った人のうち、不審な電話や迷惑電話が「全くなくなった」と効果を実感している人は87%に上ることが12日、県警のまとめで分かった。また、回答者の9割が装置を継続利用する考えがあった。

 昨年6月から装置を利用した県内高齢世帯など315人のうち、304人がアンケートに回答。平均年齢は80.3歳だった。アンケートに答えた人の88%は装置設置前に不審電話などがかかってきていたが、設置後はほとんどの世帯で不審電話がなくなった。また、特殊詐欺被害に遭った人はいなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事