前橋空襲資料の展示検討で昭和風情の飲食店街視察
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋空襲などに関する資料の収集や展示の在り方を話し合う前橋市の検討会は15日、同市中心街の飲食店街「呑竜マーケット」を視察した。委員は昭和の風情が残る商店街で建物の造りなどを見学した=写真

 同所でカフェを営む田村嘉章さんから、資料館の場所として提案があったため企画した。田村さんは空き店舗数など概要や現状について説明。視察した委員からは「雰囲気を残しながら、展示スペースをどう確保するか」「壁は抜けるのか」といった意見や質問が出た。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事