富岡市役所で火災発生を想定した避難訓練 職員が役割確認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 火災発生を想定した避難訓練が16日、群馬県の富岡市役所で行われ、市職員が庁舎から屋外へ逃げたり、放水したりして危機意識を高めた=写真

 行政棟2階の機器から出火し、廊下が通行できなくなった場面を設定。職員は速やかに庁舎外へ移った。車椅子の人の避難を手助けする職員もいた。

 榎本義法市長は「いざというときに行動できるようにしてほしい。個々人の役割をしっかり認識し、市民の皆さんの安心、安全を守り抜く意識を持って」と呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事