創作ダンスで一致団結 藤岡西中 合唱大会代替で初開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染防止のため群馬県藤岡市の藤岡西中(荻原孝英校長)は21日、恒例の校内合唱コンクールに代わり、創作ダンス発表会を行う。曲選びも振り付けも生徒主体。地元のダンス教室に通う卒業生が指導に協力、本番に向けて練習に取り組んでいる=写真

 合唱コンクールは秋の文化祭のメイン行事だが、今年は飛沫(ひまつ)防止の観点から中止。同校はクラスの団結力を高めるため、体育の授業にもあるダンスの発表会を企画、夏休み明けに練習を始めた。

 生徒は当初、曲選びや振り付けに悪戦苦闘していたが、多くの卒業生が在籍する地元のトンダンススクール(松本智子代表)が協力を快諾。スクールの大学生らから、体の動かし方やリズムの取り方、隊列のバランスなど細かい部分のアドバイスを受けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事