《新型コロナ》県内新たに11人 同じアパートから複数人判明も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の検査で、群馬県と前橋市は19日、新たに男女11人の陽性が判明したと発表した。このうち前橋市が発表した6人は同市在住の専門学校生らで、別の感染者に関連した調査の過程でアパートの入居者全員を検査したところ陽性が判明した。県内での感染確認は累計785人(うち19人死亡)となった。

 前橋市によると、6人はNIPPONおもてなし専門学校前橋校(同市)に通う20代の男性4人と、中央農業大学校(同市)に通う20代の女性1人、30代の男性会社員1人。6人とも感染経路は分かっていない。16日に陽性が判明した20代のアルバイト男性に関する調査で、同じアパートに住む61人を濃厚接触者として検体を採取した。

 19日に発表された11人のうち県発表の5人は、伊勢崎、藤岡の両市と埼玉県の40~70代。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事