白金色の秋の便り みなかみ・藤原のススキ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 穂を実らせたススキが、群馬県みなかみ町藤原の「入会いりあいの森」に広がる。日光を浴びて白金色に輝く穂が風に揺れ、赤や黄に色づき始めた山々とともに、秋の訪れを告げている=写真

 ススキ草原は都内の市民団体「森林塾青水」が毎年、野焼きをするなどして管理している。31日と11月1日に同団体や地域住民らによって刈り取りが行われ、かやぶき屋根などの素材として姿を変えていく。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事