医療の道へ80人が決意新たに 前橋准看護学校で戴帽式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋准看護学校(須田浩充校長)の戴帽式が21日、前橋市の同校で開かれ、67期生80人が純白のキャップを被り、決意を新たにした=写真

 須田校長は一人一人にキャップを手渡し、「看護の道を志したことを再認識して」と式辞を述べた。学生はろうそくに火をともし、代表者2人がナイチンゲール誓詞を斉唱した。




【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事