《新型コロナ》新たに14人が陽性 うち7人が専門学校など生徒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の検査で、群馬県と前橋市は22日、新たに14人の陽性が判明したと発表した。うち7人は同市内の専門学校や日本語学校に通う生徒。県内での感染確認は累計820人(うち19人死亡)となった。

 前橋市によると、生徒7人はいずれも同市在住の20代の男女。7人中5人はNIPPONおもてなし専門学校前橋校の生徒で、同校での陽性は計28人となった。他の2人は日本語学校「Fuji Language School(フジ ランゲージ スクール)」の生徒。NIPPONおもてなし専門学校と同系列の「NIPPON語学院」に通う陽性者の調査の過程で判明した。

 生徒以外の7人は、伊勢崎市と、利根沼田(沼田市、利根郡)、富岡(富岡市、甘楽郡)の両保健所管内に住む20~70代の男女だった。

 一方、県は22日に対策本部会議を開き、全県の警戒度について2を維持、不要不急の移動自粛を求める対象は引き続き東京都と沖縄県とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事