《新型コロナ》群馬県内新たに19人陽性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の検査で、群馬県と前橋市は23日、新たに19人の陽性が判明したと発表した。このうち8人は感染確認が相次いでいる同市内の専門学校の生徒、1人は県警が同日公表した大泉署の男性警部だった。県内での感染確認は累計839人(うち19人死亡)となった。

 県と市によると、生徒8人のうち7人は同市在住の20代の男女、1人は埼玉県在住の20代女性。いずれもNIPPONおもてなし専門学校前橋校(同市)の生徒で、同校での陽性は計36人となった。

 残る11人は男性警部を含め、前橋、太田、大泉の各市町と富岡保健所管内(富岡市、甘楽郡)に住む10~80代の男女だった。

◎沖電気富岡事業所が従業員の陽性公表
 沖電気工業(OKI、東京都港区、鎌上信也社長)は23日、富岡事業所(富岡市富岡)に勤務する従業員8人の新型コロナウイルス感染を22日に確認したと発表した。8人はいずれも症状が軽く、容体は安定しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事