ファイナル進出の15組決定 群馬イノベーションアワード2次審査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
独自のビジネスプランを発表する出場者

 8回目を迎えた起業家発掘プロジェクト「群馬イノベーションアワード(GIA)2020」(上毛新聞社主催、田中仁財団共催)の2次審査が24日、前橋市の同社で開かれた。熱のこもったプレゼンテーションが繰り広げられ、12月2日のファイナルステージ(公開最終審査)に進出する15組が決まった。

 最終審査進出者はこちら

 2次審査には、エントリー総数が過去最多となった606件の中から、書類選考による2次審査を通過した43組が臨んだ。3分間のプレゼンに続いて審査員からの質疑に応じ、ビジネスプランの実現可能性や収益性、競合する事業と差別化できる点を説明した。

 ファイナルステージは12月5日、前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で開催される。入場無料。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事