「早く食べたい」 地粉でまんじゅう作り 館林
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 さまざまな体験活動を行う「わたらせマナビィクラブ」が、館林市の渡瀬公民館で開かれた。地元の小学生14人が参加し、邑楽館林産の小麦を製粉した「百年小麦」を使ってまんじゅう作りを楽しんだ=写真

 館林菓子工業組合の片桐義夫さんが講師を務めた。子どもたちは皮であんこを包み、まんじゅうを蒸した。蒸し上がったまんじゅうはチョコレートやクリ、サツマイモなどでデコレーションした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事