GPS付き電動アシスト自転車 群馬県立女子大生が活用法を提案
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自転車の有用性についてプレゼンテーションした学生

 地域の課題を企業と協働して解決しようと、群馬県立女子大(小林良江学長)は28日、玉村町の同大で、「GPS機能付き回生電動アシスト自転車」の活用方法について考える特別授業を行った。電子部品製造業の太陽誘電(東京都)の社員らを前に、国際コミュニケーション学部の学生5人が提案と見解をプレゼンテーションした。

 「国際経済学」の授業の一環。自転車は同社とブリヂストンサイクルが共同開発し、GPSや自動充電の機能が搭載されている。

 学生はスライドを使いながら、町づくりや自然環境、健康面における自転車利用のメリットや、普及方法について説明。自転車で巡る観光案内の作成や駅から通学する高校生らをターゲットにしたレンタル自転車の運用、人気のアニメーションを使った動画配信サイトでのPR方法などについて、それぞれの提案と見解を述べた。

 太陽誘電の梅沢一也取締役は「若い人たちのさまざまな視点を聞け、大変有意義だった」と感謝していた。

 発表後は、同大に自転車5台が貸与された。学生たちが継続的に利用し、来年1月に再度プレゼンテーションを行う予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事