《新型コロナ》群馬県内 新たに6人が陽性 3度目検査で判明も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の検査で、群馬県と前橋市は29日、新たに6人の陽性が判明したと発表した。県内での感染確認は累計890人(うち19人死亡)となった。

 県発表の5人は伊勢崎、藤岡、大泉の3市町に住む10~60代の男女。このうち大泉町の20代男性は14日に発症し、24日に陽性が判明。届け出時点で退院要件を満たしていたことから入院はしていない。

 前橋市が発表した1人は、市内在住でNIPPONおもてなし専門学校前橋校(同市)に通う20代男性。3度目の検査で陽性が判明した。同校生徒の陽性判明は計50人となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事