仮装して干し芋作り 榛東の老人ホームでハロウィーンイベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県榛東村の有料老人ホーム「はなみずき榛東」(漆田光男代表)は31日、同施設でハロウィーンイベントを開き、利用者25人が仮装を楽しみながら干し芋作りに取り組んだ=写真

 職員にコウモリや魔女をイメージしたカチューシャなどを着けてもらうと、「似合っている」「かっこいい」などと笑い合った。

 施設の畑で収穫したサツマイモをふかした後、食べやすい大きさに切った。乾燥させて1週間ほどで食べ頃になるといい、待ち遠しそうにしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事