盗難防止パトロールの出発式 昭和
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 農機具や農産物の盗難を防ごうと、盗難防止パトロールの出発式が6日、群馬県昭和村役場で行われた=写真。村農業委員や村職員計33人が年末まで村内の畑を交代で見回る。

 堤盛吉村長は「農産物などの盗難が相次いでいる。農家が安心して仕事できるよう協力してほしい」と激励。沼田署の青山正幸署長は「住民の防犯意識の高まりが何よりも大切。署員も一丸となって被害防止に努める」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事