青い観音 慈悲の御手 「世界糖尿病デー」合わせライトアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 糖尿病の予防や健診、継続した治療の重要性を訴える「世界糖尿病デー」(14日)を前に、群馬県糖尿病協会は10日、高崎市の白衣大観音を青色にライトアップした=写真。15日まで。

 世界糖尿病デーは2006年に国連総会で決議され、シンボルの「ブルーサークル(青い輪)」にちなんだ活動が全国各地で行われている。県内ではこのほか、15日まで同市総合保健センター、13日に邑楽町のシンボルタワー「未来MiRAi」、14日に前橋市の臨江閣、草津温泉の湯畑・西の河原公園でそれぞれライトアップを行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事