染織工場跡にスープ店 学生が専門店期間限定営業 桐生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
添加物を使わず丁寧に作っているスープ

 群馬大などの学生でつくるグループ「Yield(イールド)」は、桐生市横山町の元染織工場を改修した店舗でスープ専門店「いろはSoup Shop」を始めた。来年2月末まで期間限定で営業する。

 イールドのスープ事業部は中山息吹さん(19)、茂木もてき里奈さん(20)、岡部清弥さやさん(21)が担当。素材本来の味を楽しめるよう添加物を加えずに作っている。朝から丁寧に仕込んだミネストローネ(パン付き800円)やクラムチャウダー(同1000円)など4種類があり、土、日曜は月替わりのスープも用意する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事