石段街で「火の用心」 伊香保で渋川消防が呼び掛け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 秋季全国火災予防運動(9~15日)に合わせ、渋川広域消防本部(福田浩明消防長)は12日、群馬県渋川市の伊香保温泉石段街で広報活動を実施し、署員16人が観光客に火災予防を呼び掛けた=写真

 署員は「火災予防運動実施中」と書かれたのぼりと拍子木を持ち、「火の用心」と威勢良く365段の石段を往復。伊香保神社では管内の無災害を祈った。

 石段街では9月に空き旅館を全焼する火災が発生。2019年は住宅など5棟、18年には老舗旅館「千明仁泉亭」の敷地内で建物を焼く火事があった。相次ぐ火災を受け、同本部は啓発に力を入れている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事