AKB清水さん「必要性訴える」 献血推進ガール委嘱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
献血推進ガールに委嘱された清水さん(右)と丸山所長

 若い世代への献血の啓発につなげようと、県赤十字血液センターは12日、アイドルグループAKB48チーム8の群馬県代表メンバー、清水麻璃亜さん(23)を「群馬県献血推進ガール」に委嘱した。清水さんは「SNS(会員制交流サイト)やイベントで献血の必要性を訴えたい」と意気込みを語った。

 委嘱式が県庁で開かれ、同センターの丸山健一所長が委嘱状とたすきを手渡し、「若者へのPRの大きなインパクトになると期待している」と声を掛けた。清水さんは「私が献血デビューすることで、若い人もやってみようと思ってくれたらうれしい」と話していた。午後には献血ルームを視察した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事