雪に備え松に“傘” 川場の吉祥寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 雪の重みから枝を守る「雪つり」が、晩秋の装いを見せる吉祥寺(群馬県川場村門前)の7本の松に施されている。

 幹に沿って立てた支柱から放射状に広がる縄が日差しを受け、紅葉を背景にきらきらと輝き、訪れる観光客の目を楽しませている=写真。「雪つり」は同寺の冬の風物詩となっている。拝観料は大人500円、子ども250円。

 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事