まるで人が腰掛けたようなダイコン 中之条・斉藤さんの畑で収穫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県中之条町五反田の斉藤全さん(74)が自宅の畑で、人が腰掛けたような形をしたダイコンを収穫した=写真。斉藤さんは「1回曲がることはあるが、2回曲がるのは珍しい。何十年も作っているが初めて見た」と驚いている。

 斉藤さんは、うどん店「美野原茶屋」を営んでおり、畑では店で使うネギやハクサイ、トマトといった野菜を育てている。ダイコンも漬物用などとして栽培。普段通り収穫していたところ、このダイコンを発見した。「こんな形に育っているとは思わなかった。よく欠けないで出てきた」と話している。

 ダイコンは、子ども用の椅子に置いて店に飾った後、漬物などに使う予定という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事