給食に地元のベーコン 玉村の全国食肉学校で加工
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 地元の食に親しんでもらおうと、群馬県玉村町は19日、町内の全小中学校に、全国食肉学校(同町)で加工したベーコンが入ったポトフの給食を提供した。児童生徒たちは、生産過程を学びながら、地元の味に親しんだ=写真

 玉村中(関口雅晶校長)には、全国食肉学校の職員、内田佑さんが訪問。食肉業界で働くための知識や技術を身に付ける同校のことや、県産の豚肉で熟成して作ったこだわりのベーコンの製法などを説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事