新型コロナ感染者1000人超に 県外移動「慎重に判断」10都道府県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

◎20日に22人 経路不明は16人
 新型コロナウイルス感染症の検査で、群馬県と前橋、高崎両市は20日、新たに男女22人の陽性が判明したと発表した。このうち16人は感染経路が不明。県内での感染確認は、累計1016人(うち21人死亡)となった。

群馬県内で確認された新型コロナウイルス感染者数

 県などによると、22人は10~80代で、居住地は伊勢崎市9人、高崎市と桐生市、太田市、みどり市、栃木県が各2人、前橋市と明和町、大泉町が各1人。高崎市の50代男性は県立学校の教員で、19日に陽性が発表された教員の同居家族。伊勢崎市の40代男性について、同市消防本部は伊勢崎消防署の職員と明らかにした。

 20日に陽性が発表された22人に、感染者集団(クラスター)が起きたスナック「NICOLE'S」(ニコルス、桐生市仲町)に関連する人はいない。

 19日発表の県立学校教員の関連で、高崎市は勤務先の学校で生徒6人、職員1人を濃厚接触者として把握し、検体を採取したと明らかにした。

◎「Go To イート」店舗での飲食 実態調査へ
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、群馬県は20日、県民が県外に移動する際に慎重な判断を求める対象地域を10都道府県に拡大した。県内での感染者の急増に備えたシミュレーションも開始した。飲食店支援の「Go To イート」に関連し、店舗での飲食人数などの実態調査にも乗り出す方針。全国では「第3波」が到来したとされる中、県内の感染拡大を抑えつつ、さまざまな局面に備える。

 移動に慎重な判断を求める地域は、従来の北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、大阪、沖縄に、茨城、愛知、兵庫の3県を加え、基準を下回った山梨を除いた。これらの地域を訪れた場合、感染防止のための慎重な行動を促す。

 冬場に向け、寒い環境下でも適切な換気や加湿などを推奨する。国が示した対策を県ガイドラインに基づく要請に加えた。北海道など寒冷地域で感染が広がった経緯があり、季節に応じた対策を浸透させたい考えだ。

 急激な感染拡大に対してのシミュレーションは、これまでにない規模の感染者が発生した場合を想定し、入院や宿泊療養、検査など一連の対応が適切に行えるように備える。

 現状で患者を受け入れる病床確保の根拠としてきたシミュレーションはあるが、例えば1日に50人の患者が発生するなど極端なケースを踏まえたものではない。このため別のシミュレーションが必要になり、県は早急に取りまとめたいとしている。

 20日の記者会見で山本一太知事は「近隣都県の感染拡大を考えると、群馬県で今のような落ち着いた状況が続くとは考えにくい」と指摘し、大規模な感染拡大への備えが重要だとした。

 「Go To イート」では、国が都道府県に利用時の人数制限を検討するよう求めたが、県は現時点では制限しないと正式に表明。感染が急拡大した際に柔軟に対応できるようにするため、商工団体や市町村への聞き取りを通じて飲食時の人数傾向などを調べることにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事