火おこしてカレー作り 渋川市総合公園で小中学生48人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 子どもたちに協力して物事に取り組む力を養ってもらおうと、渋川青年会議所(永井克俊理事長)は21日、群馬県渋川市総合公園で青少年育成事業「大自然アドベンチャー」を実施した。渋川広域圏の小中学生48人がゲームやカレー作りを楽しみながら、仲間と力を合わせることの大切さを学んだ。

 班に分かれ、Y字の枝で作ったパチンコで遊んだり、木を高く積み上げたりして得点を競った後、火をおこして飯ごうで米を炊き、カレーを作った=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事