《集住地の影で 北関東とベトナム人》(2)犯罪 手口の情報共有か 「うまい話」で同胞誘う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
入管難民法違反容疑で県警に逮捕されたベトナム人が暮らしていた賃貸住宅=今月、太田市

 黒のジャージーに灰色のスエットのズボン。短髪のベトナム人の男(30)は今月中旬、前橋地裁太田支部の法廷で窃盗罪の起訴内容を認めた。太田市の量販店から盗んだとされるのは、塗料など計10点(計約3万7000円相当)だった。

 警備員に取り押さえられたとき、財布には5万円余りの現金があった。「自分の金で払うのは、もったいないと思った」

 2012年に留学生として来日。専門学校に通った後、会社で働いたという。ベトナムの食品を扱う店を大泉町に開くため、今年5月に会社を辞めたと説明。盗品は、店の準備に使うものだったと主張した。

 男は買い物かごの中に商品を入れ、レジを素通り。屋外売り場に移動し、人目を避けながら「精算済み」のかごに入れ替え、出入り口から約20メートル先に止めてあった車の後部に移した。

 「考え事をして歩いていただけ。これから払うつもりだった」。当初そう否認していたことについて法廷で何度も問われると、「ビザが更新できなくなると思った」「怖かったので認めなかった」と語った。

 供述の信用性には懐疑的な見方がある。

 関係者は、所持金も、否認の手法や文言まで、仲間が指南している恐れがあると説明。「同様の手口で過去に不起訴になった事件もあるだろうし、情報共有している可能性がある」。犯罪に関わるベトナム人は会員制交流サイト(SNS)でつながりを強めているとし、「(ベトナム人を)どんどん受け入れても、暮らせる環境が整っていなければ、犯罪は増えるだけだろう」と見通した。

 刑法犯などに至らずとも法に触れる事例も。捜査関係者は「事故後に放置された車両を調べたら車検切れだったとか、(ナンバーを不正に付け替える)『てんぷら』だったというケースは少なくない」と語る。

 一方、犯罪を強く非難しつつもベトナム人に同情する声がある。
 東毛地域の工場はベトナム人の技能実習生を雇っているが、過去に摘発された人もいた。工場関係者の男性は「日本でつらい思いをしているとき、同胞のうまい話に乗ってしまう気持ちは分からなくはない」。危険なコミュニティーと引き離すことが喫緊の課題だと受け止めている。

 相談しやすい関係性づくりを心掛ける半面、プライベートにどこまで介入していいかは悩ましい。中小企業は研修などの余裕がないとし、実習生をあっせんする監理団体には「犯罪に関わらないよう教えてあげてほしい」と強く願う。

 ベトナム人との信頼関係の構築に、増えつつある犯罪への不安。「受け入れる側として何ができるか」。男性は考え続ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事