前橋・女子高生死傷 88歳被告に逆転有罪 東京高裁判決禁錮3年 「予見可能」 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市北代田町の県道で2018年1月、乗用車で女子高校生2人をはねて死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた被告の男(88)=同市=の控訴審判決公判が25日、東京高裁で開かれた。近藤宏子裁判長は無罪とした一審前橋地裁判決を破棄し、禁錮3年の実刑判決を言い渡した。検察側が控訴し、弁護側も控訴審で一転、自ら有罪を主張する異例の展開となり、高裁の判断が注目されていた。
 

◎弁護側も一転、有罪主張の異例展開

 判決理由で近藤裁判長は、被告が医師に訴えていためまいなどの症状について、日常生活に支障を来す状態だったとし、「正常な運転が困難になるのは明らかだった」と指摘。本件事故の数日前に物損事故を2日連続で起こし、家族が事故当日にも運転しないよう注意していたことなどから「事故は予見可能で、運転を控える義務はあった」と結論付けた。

 今年3月の一審判決は、服用薬の副作用で意識障害に陥った可能性が高く、「(意識障害の)予見可能性は認められず、運転を避ける義務を負わせることはできない」として、無罪(求刑・禁錮4年6月)を言い渡していた。一審判決に関し、近藤裁判長は「予見可能性について事実誤認し、結論を誤ったものと言わざるを得ない」とした。

 10月の控訴審初公判で、弁護側は「人生の最期に当たり、罪を認め、責任を取りたい」と有罪主張していたが、控訴審判決は弁護側の主張に関して言及しなかった。被告は福祉施設に入所しており、25日も出廷しなかった。

 判決によると、事故は18年1月9日朝に発生。被告は乗用車を運転中、対向車線の路側帯を自転車で走っていた女子高生=当時(16)=と同校3年だった女性(21)をはね、女子高生を死亡させ、女性に脳挫傷などの大けがを負わせた。

◎遺族「正しい判断に安堵」

 「主文、原判決を破棄する。禁錮3年に処する」。前橋市の県道で2018年1月、乗用車で女子高校生2人をはねて死傷させたとして、自動車運転処罰法違反の罪に問われた被告の男(88)=同市=に対する25日の控訴審判決。一審の無罪判決から一転し弁護側が有罪を求めた異例の公判は、逆転有罪となった。事故の犠牲となった女子高生=当時(16)=の両親は「正しい判断をしてもらえたことに安堵あんどしている」とのコメントを寄せた。

◎裁判長「実刑免れない」

 近藤宏子裁判長は、被告が家族から運転をやめるよう再三注意されていたのに、身勝手な判断に基づく一方的な過失で「なんら落ち度のない2人を死傷させた」と非難。処罰感情の強さにも触れ、「(女子高生が)16歳の若さで前途を絶たれ、遺族の悲しみは計り知れない。大けがの女性が受けた苦痛も大きく、生活への影響は深刻」と述べた。

 被告の長男家族が事故を防げなかった責任を痛感し、被告が自身の責任を理解していても「刑事責任は相当に重く、実刑は免れない」と結論付けた。

 判決を受け、女子高生の両親は「一審判決について疑問に思っていた多くの点について、納得のいく答えを出していただけたことに感謝している。ただ有罪判決になったからといって、娘が帰ってくるわけではない」などとした。

 被告の弁護人を務める上野猛弁護士は報道陣に対し、甚大な被害結果を踏まえ「裁判所の判断に従う」と述べ、上告しない方針を明らかにした。

 被告の長男は取材に対し、「真摯しんしに受け止めたい。被害者の方に申し訳ないという気持ちが強い」と述べた。

 東京高検の久木元伸次席検事は「検察官の主張通り過失が適切に認定されたものと受け止めている」とのコメントを発表した。

 本県在住者らでつくる「関東交通犯罪遺族の会」の顧問、高橋正人弁護士(東京)は、事故の予見可能性について、低血圧や意識障害などの症状で日ごろから体調がすぐれず、正常な運転ができない恐れがある点が重視されたとして「社会常識に基づいた適切な判決だ」と評価する。

 高齢者事故や携帯電話などを操作しながらの「ながら運転」などによる死亡事故の刑事裁判は近年、実刑判決となる傾向が高まっていると分析。この背景として「事故に対する社会的な意識や関心の高まりが、量刑に影響しているのではないか」とみている。また今回、弁護側が一転して控訴審で、有罪主張に方針転換したことについては「裁判所の有罪、無罪を決めるのは証拠の積み重ねであり、影響はない」とした。


◎悲しみ消えることない 女子高生の両親一問一答

 判決後、事故で犠牲になった女子高生=当時(16)=の両親が取材に答えた。内容は次の通り。

 ―判決を受けて。

 裁判所に正しい判断をしてもらえたことに安堵あんどしている。やっと被告の責任を認めてもらえた、というのが率直な思い。一審判決について私たちが疑問に思っていた多くの点について、納得のいく答えを出していただけたことに感謝している。ただ、有罪判決になったからといって、娘が帰ってくるわけではない。それが現実なのだと痛感し、改めて交通事故の恐ろしさを感じている。

 ―娘さんにどのように報告するか。

 一審の無罪判決の時はあまりに悔しく、つらい結果であったため、娘に報告できなかった。今回は「待たせてごめんね。やっと決まったよ。でも、やっぱり悔しいね」と声を掛けたいと思う。

 ―被告やその家族への思いは。

 一審の段階から被告本人が罪を認めていれば、ここまで長く時間がかからなかったのではないか、という思いはある。一審では無罪を主張していたのに、二審になって主張が変わったのはなぜか、いろいろと考えたが、私たちにはその本当の理由は分からない。

 被告の家族は、事故の直前まで運転しないように止めていたようだが、それでも止められなかったことを後悔していると思う。なぜ家族がもっとしっかりと止めてくれなかったのか、という悔しい思いを今も抱いているが、家族の制止を振り切ってまで運転したのは被告本人の意思であり、事故を起こした被告が悪いのだと理解している。

 ―高齢ドライバーの問題をどのように考えるか。

 いろいろな課題があるとは思うが、運転免許更新の制度を見直すなどして、運転すべきではない状態の人は運転しない、できない社会になることで、今回のような不幸な事故が二度と起こらないことを願う。

 ―今の心境は。

 事故から3年近くの時間がたった。娘がいないことをやっと理解してきて、もう諦めるしかない、どうにもならないんだと、自分を納得させるしかないと思うようになってきた。誰を憎んでも、どんなに願っても、娘が帰ってきてくれることはないと分かったから。

 事故の日の朝、娘は起きる時間が少し遅くなり、急いで学校に向かった。あの時、どうしてもう少し早く起こしてあげなかったのかと自分を責める日々が続いている。そのことを考えるたびに、目の前が真っ暗になり、暗く深い海に引きずり込まれるような気持ちになる。

 どこに怒りをぶつければいいのか分からず、先も見えない状況が続き、精神的に本当に疲れてしまった。誰かを憎むことにも疲れたというのが、今の正直な気持ちだ。もちろん、被告本人に対する怒りの気持ちがなくなったわけではない。被告の身勝手な行動によって娘を失うことになったから。一生許すことはできないと思う。

 刑事裁判がこれで終わりになるかどうかは分からないが、私たち家族はこれからもずっと、今回の事故と向き合い、娘のいない人生を生きていかなければならない。やり場のない悲しみや悔しさは終わることなく続いていく。

 世の中から悲しい事故がなくなるよう、切に願う。


《解説》高齢者事故 どう向き合う

 高齢ドライバーによる事故が社会問題となる中、東京高裁が一審前橋地裁の無罪判決を破棄し、被告の男(88)に実刑判決を言い渡した。

 一審で被告側は無罪を勝ち取った形。しかし、検察側による控訴後、当初から「有罪で当然」と考えていたという被告家族の意向や、被告本人の同意により、被告側が自ら有罪判決を求めるという異例の展開をたどった。

 被告側がどんな主張をしようとも、証拠の積み上げの上に判決を導き出すのが刑事裁判の原則だ。高裁は判決理由などで被告側の有罪主張の判断に踏み込むことはなかった。

 ただ、こうした被告側の主張が一審段階で展開されていたら、どうだっただろう。検察側の立証に対し、被告側の徹底した反証がなければ無罪判決はあっただろうか。

 事故の犠牲者遺族や被害者家族らは取材に、望み通りの有罪判決を評価した一方、当初から罪を認めていれば「これほど苦しむことはなかった」と、事故後3年近くも振り回された苦痛を吐露した。

 被告側の主張転換の背景には「世間の厳しい目」があったのだろう。自らの主張が無罪と有罪という両極端に変遷した異例の公判は、長寿社会における運転との向き合い方に答えを見いだせずにいる社会の姿と重なる。(報道部 藤田賢)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事