ラグビーに親しみ交流 沼田で特別支援学校生と元日本代表選手ら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県障害者スポーツ協会は25日、沼田市の沼田特別支援学校(清田和泉校長)でラグビーのNPO法人ワイルドナイツスポーツプロモーションの講師3人と同校児童生徒60人の交流事業を行った。

 元日本代表選手の三宅敬さんと田仲一正さん、デフラグビー日本代表の大塚貴之さんが講師を務めた。児童生徒はストレッチをしてから、1人一つラグビーボールを持って、ボールを投げたりバウンドさせたりして、ラグビーに親しんだ=写真

 参加した高等部の生徒は「バウンドする方向が難しかった」「競技を身近に感じられた」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事