新型コロナ 収束へ祈りを込めて 渋川・赤城 棚下不動の滝で修行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
落差37メートルの棚下不動の滝に打たれて新型コロナウイルスの収束を願う3人

 新型コロナウイルスの収束を祈願する滝修行が28日、群馬県渋川市赤城町の棚下不動の滝で行われた。僧侶の浅川熙信さん(70)=高崎市=ら3人が落差37メートルの滝に打たれながら祈りをささげた。

 浅川さんは「コロナの感染拡大によって社会に中傷や差別、偏見が広がった」と話し、これらを撲滅する願いも込めて修行に挑むとした。荒行を終えた中村紀雄さん(80)=前橋市=と佐光慈応さん(37)=藤岡市=は「心が爽やかになった」と口をそろえた。

 浅川さんが主宰する仏教団体「七施精舎」が開いた。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事