我慢の冬 影響に身構え 新型コロナ 群馬県内警戒度3に引き上げ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
正確なPCR検査に必要な技術を実践しながら学ぶ参加者

 「第3波」とされる新型コロナウイルス感染症の拡大に群馬県内各業界から不安の声が上がっている。群馬県が28日、独自の警戒度を2から3へ引き上げたことを受け、新規感染者が増えている東毛地域では福祉施設の利用者や関係者が緊張感を一層強めた。忘年会シーズンを前にキャンセルが相次ぐ飲食店は感染動向に気をもみ、客足が戻りつつあった観光地は今後の影響の広がりを懸念した。

◎クラスター発生防止へ 各地で高まる緊張感
 「もっと早く警戒度を引き上げてよかった。東毛地域の感染者は増えてきていた」。大泉町の男性(66)は、太田市の特別養護老人ホームに入所する伯母の身を案じる。重症化しやすい高齢者が多いだけに、クラスター(感染者集団)の発生を何より恐れる。

 施設側は「職員がウイルスを持ち込むわけにいかない。万一に備えてクラスター発生時のマニュアルを読み返す」とし、基本的な対策をもう一度徹底する。

 警戒度3となり、高齢者施設は対面での面会禁止を求められている。この施設は、訪れた家族と別室の利用者をタブレット端末で結ぶオンライン面会を既に導入している。今後も継続できる道を模索するという。

 県は現時点で、政府の「Go Toキャンペーン」のトラベル、イートとも制限を設けていないが、飲食店は感染拡大のあおりを受けている。

 前橋市で居酒屋など複数の飲食店を営む男性は「営業時間短縮の要請がいつ出るかと身構えている」と明かす。例年は11月から忘年会の予約が次々と入るが、この2週間で100人分近くのキャンセルがあった。「本来は書き入れ時。我慢の年末になると思う」

 高崎市で居酒屋を営む男性(59)も「キャンセルが増えてきた。年末年始も大人数の宴会は難しそう」とこぼす。客足の回復を感じる中での打撃に「持ち帰りや配達に力を入れたい」と前を向いた。

 伊香保温泉(渋川市)の観光関係者は、市民限定の宿泊費補助や近場を周遊するバスツアーなどの策に手応えを感じていたという。

 渋川伊香保温泉観光協会の伊藤信明常務理事は「今のところ、市民限定プランのキャンセルは聞いていない。警戒度引き上げで自粛ムードが今後広がっていくのかが心配」とした。伊香保温泉旅館協同組合と連名で各施設に感染対策の徹底を呼び掛けたという。

 沼田市観光協会は、バスツアーで市内を訪れた観光客に商店街の食べ歩きチケットを提供している。「現時点で影響はないが、ツアー利用者には高齢者が多い。旅行の中止が増えるかもしれない」と担当者。感染対策を徹底していることをPRしていく。

◎技術学び検査 的確に…前橋でPCR研修会
 新型コロナウイルス感染症について的確なPCR検査ができる人材を育成しようと、群馬県臨床検査技師会(井田伸一会長)は28日、前橋市の群馬大医学部附属病院で実技研修会を開いた。県内の病院などで検査業務に当たる臨床検査技師ら約20人が必要な技術を学んだ。

 同病院の技師が講師を務め、新型コロナの特徴や検査時の注意点について説明した。参加者は模擬検体を専用機器にかけるなど、物質抽出の手順を追い、試薬を加えて陽性反応が出るか確かめた。

 PCR検査は検体から遺伝子を抽出し、増幅させることで特定のウイルスの有無を判断する検査法。煩雑な手作業での処置が必要とされる。厚生労働省は県などに研修を行うよう要請しており、県が同会に委託して開いた。

◎啓発チラシ掲示で感染防止 呼び掛け…渋川市が対策会議
 新型コロナウイルス感染症に対する警戒度が全県で2から3に引き上げられたことを受け、渋川市は28日、対策本部会議を開いた。市民への正しい情報伝達と予防の呼び掛けが重要として、啓発チラシを作成して市内公共施設への掲示を始めたほか、伊香保温泉の旅館、ホテルなどにも協力を要請した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事