自然に触れながら散策するフォレスト・ウォーキング 玉村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 岩倉自然公園水辺の森を愛する会(高橋詔一会長)主催の「フォレスト・ウォーキング」が29日、玉村町の同公園で開かれ、約80人が身近な自然に親しんだ=写真

 参加者は、会員による植物の種類や野鳥などの説明に耳を傾け、紅葉したモミジの葉やサイカチの実に触れながら散策。同町健康福祉課が考案した「ぐんまの風体操」にも取り組み、リズムに合わせて体を動かした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事