一時保護で知り合い少女にみだらな行為 県警、容疑の児相職員逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 一時保護先の児童相談所で知り合った少女にみだらな行為をしたとして、群馬県警子供・女性安全対策課と桐生署は30日、県青少年健全育成条例違反の疑いで、伊勢崎市山王町、東部児童相談所の県会計年度任用職員(非常勤)(21)を逮捕した。

 逮捕容疑は8月11日午前2時ごろ、同市の自宅で、東毛地域在住の少女=当時(16)=が18歳未満と知りながら、みだらな行為をした疑い。

 県警によると、「性的欲求を満たすため」と供述し、容疑を認めている。県警は8月下旬、児相から「少女の家出に佐藤容疑者が関与している」という情報を受け、捜査を進めていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事