桐生織を舞台衣装に 桐生出身の藤倉さん兄妹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
聖也さん(左)と亜美さん(右)が手掛けた衣装を身に着けるアーティスト

 群馬県桐生市出身の藤倉聖也さん(33)と妹の亜美さん(30)が手掛けたステージ衣装が11月、都内で開かれた双子アーティスト「TWiN PARADOX」のライブでお披露目された。地元名産の桐生織の生地を使い、細部にまでデザインにこだわった衣装がステージに華を添えた。

 次世代ロックをテーマに聖也さんがコンセプトをまとめ、亜美さんが衣装をデザインした。「桐生織をどうしても使いたい」という2人の強い希望で、市内の織物メーカー「須裁」に生地の製作を依頼。ズボンの裾やベルトにオリジナルロゴ入りの生地を取り入れた。

 2人はアートユニット「MC兄妹」を結成。昨年、ソニー・ミュージック所属アーティストの衣装デザインコンテストで優勝、今回採用された。

 聖也さんは「衣装を通じて群馬と桐生織の魅力を広く発信できたと思う。県内の方々にとって、地場産への愛がさらに深まるきっかけになればうれしい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事