ミカンどっちが大きいかな 伊勢崎で園児が収穫体験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 伊勢崎市第四保育所(高橋利恵所長)の年長児19人が3日、群馬県伊勢崎市寿町の高山秀美さん(85)方の畑を訪れ、ミカン狩りを楽しんだ=写真

 子どもたちは器用にはさみを使い、ミカンを収穫。笑顔で大きさを比べ合っていた。
 高山さんは子どもたちに収穫を体験してもらおうと、自宅の畑でミカンを栽培、毎年子どもたちを招待している。今年で6年目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事