《新型コロナ》群馬県内で新たに29人陽性 12人が60代以上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症の検査で、群馬県と前橋、高崎両市は4日、新たに29人の陽性が判明したと発表した。県内での感染確認は累計1341人(うち22人死亡)となった。

 県などによると、29人は10~70代の男女で、うち12人が60代以上だった。居住地は伊勢崎、太田両市が各5人、みどり市と館林保健所管内(館林市、邑楽郡)が各3人、前橋と高崎、桐生の3市が各2人、館林と渋川、玉村、板倉、大泉の5市町のほか、富岡保健所管内(富岡市、甘楽郡)と利根沼田保健所管内(沼田市、利根郡)が各1人。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事