来年春のスギ花粉は少なめの予報 飛散開始は2月中旬ごろか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 気象情報会社「ウェザーニューズ」(千葉市)は来春の花粉飛散時期とピークの予想を発表した。群馬県でのスギ花粉の飛散開始は平年並みの来年2月中旬ごろ、飛散量は平年の半分程度と少なめの見込み。

 スギの雄花は寒さが落ち着き、暖かくなると花粉を飛ばし始める。同社によると、花粉の飛散時期を左右する12月から来年2月にかけての気温は全国的におおむね平年並みと予想される。今夏は長雨で日照時間が平年より短かったため、予想飛散量は平年の0.52倍となった。飛散の少なかった今年よりはやや多いという。

 ピークはスギ花粉が2月下旬~3月下旬、ヒノキ花粉が3月下旬~4月下旬と予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事