瓦の名工が丑に息吹 藤岡で瓦作り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 来年の干支えとの「うし」を装飾した瓦作りが、群馬県藤岡市藤岡の山口鬼瓦店で進んでいる=写真

 「現代の名工」の鬼瓦職人、山口茂さんが土を練るところから、手作りで仕上げている。干支瓦は毎年、縁起物として制作している。

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事